福島原発周辺40キロの住民は避難すべきだ
 米国の原発専門家アーノルド・ガンダーセン氏が
緊急警告 

米国の原発専門家が緊急警告
2011/8/16 
原子力発電に携わってほぼ40年になります。全米70カ所の原発で運営・管理した経験をもとにお話しします。
まず日本の方に大変重要なことをお伝えしなければならない。
それは福島第1原発の4基すべてから、いまだに放射性物質が放出されているという事実です。3月中旬の水素爆発で飛散が終わったと考えていたら間違いです。確かに9割はあの時の爆発で放出されたかもしれない。しかし、それで終わりではない。
ですから環境汚染は計り知れないのです。
放出を防ぐには、建屋を覆いかぶせるテントなどを使わない限り無理です。
物理的に阻止できるまで、今後も数カ月間は放射性物質が飛散すると考えてください。
もう一点、大事なことは汚染水が建屋の最下層から地中に流れ出ていると考えられることです。
誰一人として肉眼で確認はできませんが、これは確かなことだと思います。炉心は溶融して格納容器の底から建屋の下にまで落ちていると考えられる。日本政府は炉心を取り出すまでに今後10年はかかると言っていますが、炉心を取り出す技術などありません。
スリーマイル島事故の時は燃料は溶けて原子炉の底に落ちましたが、福島の場合は一番底までメルトスルーしたのです。これは建屋の下の土壌と地下水が汚染されたということで、一度高濃度に汚染された土壌は今後300年は消えません。
周辺住民の避難指示は半径20キロでは不十分です。最低でも40キロというのが私の考えです。
残念ながら日本政府はその数字を信じようとしません。悲しいことです。
◆がん患者は100万人単位で増えていく



あまり煽(あお)りたくありませんが、今後10年でがんを発症する人は100万人単位になるかもしれません。
最初の5年で甲状腺がんや甲状腺異常が顕著になります。
次に50キロ以内の地域で肺がんの発症率が今よりも20%上昇するでしょう。
この数字はノースカロライナ大学の免疫学者スティーブ・ウィング助教授が算出した数字です。
そして10年で骨腫瘍や白血病、肝臓がんも増えてくると思われます。
福島の現状というのはこれくらい深刻なのです。
日本政府は十分にこのことを肝に銘じて、スピーディーな対応を取ってほしいと切に願います。
【作業員の被曝限度量をいきなり引き上げるなんて許されない】
福島第1原発で働いている作業員の方々には本当に頭が下がる思いです。
彼らのことを念頭に置きながら、今日は放射能の話をします。
日本政府は事故後、作業員の被曝線量限度を100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに引き上げました。
これはどういうことでしょうか。
この数字は今後10年でがんの発症率が平時より10%上がるということなのです。

事故直後だからといって、作業員たちが高レベルの線量を被曝していいわけがありません。
ただ原発の現場というのは日常的に『被曝作業員』を必要としています。
福島第1原発だけではなく、アメリカでも状況は同じなのです。
私は40年近く原子力発電にかかわってきました。
事故がなくとも『被曝作業員』が必要な時があります。
一般の方をリクルートして2週間ほど訓練し、作業にあたってもらいます。
仮に1日で限度量の放射線を浴びたら終わりです。
これが原発の日常です。
チェルノブイリで調査を行った生物学者の友人たちが先日、日本での調査を終えて帰国しました。
チェルノブイリと比較しても『日本の状況は本当に深刻だ』と述べています。
客観性を重視した科学者がそう発言するのです。
そのひとつが汚染牛です。
それも原発から50キロ以上も離れた場所で見つかりました。
ご存じのように、放射性物質(セシウム)を含んだ稲わらが原因でしたが、郡山市の農家の稲わらは1キロ当たりの崩壊数が毎秒50万個(50万ベクレル)。
これは30年たっても25万ベクレルの放射能が残るということです。
日本政府は今後、食品のサンプリング検査を徹底すべきです。
地方自治体レベルではなく中央政府が主導すべきです。
◆どこで事故が起きてもおかしくない
福島の事故直後、アメリカの原子力規制委員会(NRC)は原発から80キロ圏内のアメリカ人は避難すべきとの勧告を出しましたが、汚染牛の発覚で大げさでなかったことが判明しました。
本来なら日本政府は事故直後、80キロ圏内の住民を避難させるべきだったのです。
最後に長年の経験から申し上げると、原発という発電システムは完璧ではなく、事故はどこで起きてもおかしくありません。
ドイツでもアメリカでも、再び日本で起きる可能性だって、もちろん捨て切れないのです。

◇アーノルド・ガンダーセン氏 原発のコンサルティング会社「フェアウィンズ・アソシエーツ」チーフエンジニア。元原発関連会社上級副社長。原子力工学が専門で、スリーマイル島事故の調査でも活躍した。日刊ゲンダイ



BACK INDEX NEXT